こんにちは、ARuFaです。

突然ですが、みなさんは服を著替えたことはありますか? 僕は賢いのでたくさんあります。

 

毎日著る私服に始まり、學校?職場での制服などなど、洋服はまさに暮らしの必需品

この世に生まれたその瞬間から、我々は服を著替えながら生きていると言っても過言ではないでしょう。

 

……さて、そんな『著替え』について、僕はふとあることに気付きました。

 

著替えって毎日してるからメチャ上達してるんじゃない?!

……よくよく考えてみると、我々はこれまでに膨大な回數の著替えをしてきているのです。

その上、人には同じ行動を繰り返すほど上達する性質があります。つまり、誰もが知らず知らずのうちに著替えスキル』を高めている可能性があるのです。

 

そこで僕はこう思いました。

もし、本當に僕たちの著替えスキルが上達しているなら、過酷な狀況下での著替えも可能なはず……

 

つまり……

 

 

ウォータースライダー內での早著替えもできるんじゃない!?

そう、本當に『著替え』が上手い人ならば、洋服を持ってウォータースライダーに入り、滑走中に著替えを完了させることができるのではないでしょうか?

今回はこの疑問を検証するため、『ウォータースライダー中の著替えが一番上手い人』を決める選手権を開催してみたいと思います。

 

題して『ウォータースライダー早著替え選手権』です!

 

挑戦するのはこの4人!

ARuFa:小さい頃に著替え中の服が脫げなくなり、泣きながら服を切り裂いて脫出したことがある。

マンスーン:普段からオシャレな服を著ているので著替えには自信あり。最近家の靴が全部カビた。

原宿:一児の父。今日は早著替えを成功させて「かっこいいパパ」を目指す。

永田:慶応卒の頭脳を持つ男。持ち前の賢さで今日はウォータースライダー早著替え選手権に挑む。

 

ちなみに今回のルールはこのような感じです。

そして、今回の決戦の舞臺となるウォータースライダーはこちら!

 

【ビッグアロハ】

大型レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」が誇る、全長283m?高低差40.5m(日本一)の最強ウォータースライダー

 

……そう、今回はスパリゾートハワイアンズさんから特別な許可を得た上での挑戦になるのですが、営業時間終了後の施設をお借りするため、真夜中のチャレンジとなるのです。

 

なお、ビッグアロハ內部の明かりは太陽光だけのため、夜には暗闇が支配する恐怖のウォータースライダーに変貌。

この中で早著替えをするにはスピードはもちろんのこと、闇に打ち勝つ精神力判斷力がなければ不可能でしょう。

 

挑戦者はこの【入口】に服を持って飛び込み、そして【出口】から排出された次點で著替えが完了していれば成功となります。

 

はたして、暗黒のウォータースライダーという超過酷な狀況で、早著替えを成功させる猛者は現れるのでしょうか!?

 

ウォータースライダー早著替え選手権、スタートです!

 

 

1人目:ARuFa

まず1人目の挑戦者は、僕ことARuFa

この選手権の主催者およびトップバッターとして、バッチリ早著替えを成功させたい所存です。

今回僕がスライダー內で著替える服は、こちらです。

 

「ビジネススーツ」

スーツだ!でも何故スーツを…?

スーツは時間の無いビジネスマンのもの。つまり早著替えに適している気がするんですよね。

確かに朝にサッと著て出かけるイメージがあるし、著やすいのかも?

 

さらに!ネクタイはワンタッチで著用可能なファスナー式を採用し、より時短を狙います。

コイツいきなり『マジ』だぞ!!

なるはやで著替えて成功にフルコミットするのがマストなので……

もうダルいビジネスマンになりつつある。

 

そんなわけで、僕は早著替えに特化しているであろうスーツ時短ネクタイで成功を目指すことに。

難しい挑戦になりそうですが勝算は十分にあります。出口ではスーツを著こなした狀態で営業トークを披露する予定です

 

というわけで、僕はスーツを持って長い長い階段を上り……

 

水著の狀態で、ウォータースライダーの入口にやってきました。

 

地獄の入口か?

覗き込んだ真夜中のスライダー內はまさに暗黒の世界

ここに飛び込むのは恐怖でしかありませんが、ここまで來たらやるしかありません。

 

……さあ、それでは準備も整ったところで、さっそくチャレンジスタートと行きましょう!

はたして僕は、ウォータースライダーの中でスーツに著替え、出口で営業トークをかませるのでしょうか?

 

 

 

意を決し、勢いよくウォータースライダーに飛び込む僕。

……しかしその直後、僕の目に飛び込んできたのは、こんな光景でした。

 

 

くっっっら!!!

やばい!!何も見えん!!

まずはワイシャツを……あれっ?え?!えっ!?

ワイシャツどこいった!?!?

え?このグジョグジョのがワイシャツ?! マジ!? だとしたら手の穴どこ!?

 

そんでこれがネクタイ? あれ!?長くない!?これ本當にネクタイ!?

何かネクタイ長くなってない!? え、これポケット?!なんでネクタイにポケットあんの!?

おいこれ細くなったズボンじゃねーか!?!?!?!

細くなったズボ………は??? おいおいおいおいおいおいおい!!

 

おいこれ輪廻転生中の光景か?

オエッ……やべこれ……カーブ……オエッ……回っ……

オエーーーーーーー!!!!

 

※出口の前でワクワクしながらARuFaを待つ參加者たち

 

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!

著れた…!ワイシャツ著れた!ジャケットも多分……

あ?

著たはずのワイシャツがもう一個ある!?!?

じゃあ今なに著てんの!?!?

今どうなってんの!?

 

あーーーーー!! なんか終わりそうな気がする!!

ズボンが間に合わない!!ズボンズボンズボン!!!!

 

うわああああああああああああああああああ!!!!!!

 

 

カメラでも追えないほどの猛スピードで出口から排出され、大量の水しぶきと共に水面に叩きつけられる挑戦者。

 

……はたして、ARuFaはスーツに早著替えすることができたのでしょうか?

 

 

えっ!?

 

噓!?

 

全然著替えられてないし、あまりに悲慘な狀態すぎる。

ウォータースライダーの中で一體何が…?

暗闇……恐怖……混亂……叫び聲………

ダメだ、心が折れてる。

 

とにかく何も見えなくて……ワイシャツを著たつもりが、ワイシャツとジャケットを片腕ずつ著てたっぽいです。

そこで計算が狂っちゃったのか……

あと、ネクタイかと思ったらズボンだったり、著たはずのワイシャツがもう一著あったりしました。

疲れたサラリーマンが見る夢?

 

あと、カバンから無限に水が出ててちょっと面白い。

この水を使ってウォーターサーバーの営業でも始めようかな。

 

というわけで、自信満々のARuFaでしたが、自慢の作戦も虛しく散々な結果に。

會場のギャラリーからは、「変態の就活生」「水族館の採用面接」「嵐を呼ぶ!ずぶぬれリーマン大作戦」など、多種多様な罵詈雑言が飛び交いました。

 

どうやらこの選手権、一筋縄ではいかないようです。

 

 

2人目:マンスーン

2人目の挑戦者はマンスーン

普段から色々な服を著ており、衣服に対しての知識もあるため、今回の早著替えにも期待できそうです。

今回僕が著替えるのは、こちらの服です!

 

「ピエロの衣裝」

ピエロ!? 意外なチョイスだ……

これ、ただ奇をてらったワケではなく、ちゃんとした理由があるんです。

 

このピエロの服はつなぎ構造……つまりこの背中の穴に身體を通してしまえば、それだけで著衣完了なんです!

スーツみたいに服の上下が別れてないから、著替えが簡単ってこと!?

そう、あとは余った時間で虹色アフロ赤い鼻を付ければ、出口から陽気なピエロが登場って寸法です。

これが洋服の知識を持ちし者……

 

ピエロの衣裝が『つなぎ構造』であることに著目し、著替えのしやすさ重視で攻略を目指すマンスーン。

よほど自信があるのか、意気揚々とスライダーの入口に腰を下ろします。

 

……しかし、ここでトラブルが発生!

やばい!!!!!!

 

徐々に持っていかれてる!!!

つなぎ構造が仇となり、水流に衣裝が飲み込まれるマンスーン。いきなり洗禮を受け、施設內に彼の叫び聲が響き渡ります。

 

そして、このままでは衣裝がちぎれてしまうため、半ばパニック狀態のままチャレンジスタート!

はたして彼の作戦は、過酷なウォータースライダーの中でも通用するのでしょうか?

 

 

 

 

暗ッッッッ!!

そんでこれっ……めっちゃ速!マジで時間無くない!!?

えーーーーっと、つなぎの穴、穴、穴、穴、穴どこだ!?!!

 

あ?え?待ってこれっ……これどっから足入れんだ!? 穴どこ!?

やばい!!服に入れない!!!

全部縫われちゃった!?

これ穴、全部縫われてない?!?!

 

あ゛ーーー!!速えぇぇぇぇぇぇぇぇぇえ!!

これもうっ……アフロとかとか付けたほうがいいのか!?

ヤバイッ………鼻吹っ飛んだ!!鼻吹っ飛んだ!!

鼻が無くなった!!!!

 

うわ明るっ……鼻あった!!

あ!あ!あ!あ!服服服服服服服服!!

えっ!?もう終わる!? やばいやばいやばいやばい!!

 

あああああああああああああああああああ!!!!

 

……あっ! 聲が聞こえる!!

來るぞ!!!!!!!

 

 

 

どう見ても著替え中

 

ボッッッッッッ!!!

 

※あまりにも著替え中すぎてウケてしまう會場

 

見るからに著替え中だったし、見るからに體力を消耗してますね。

體力消耗してるピエロなんて見たくないよ俺は。

 

「ハァハァハァハァ……う゛ぅッ……」

 

「……お花゛……ど……ぞ……」

もう休め!!!!!

 

……挑戦を終え、泣きそうな顔でプールを上がるピエロ。発色の良いアフロが逆に物悲しさを加速させています。

 

 

脫衣所で急に知らない人から話しかけられたピエロ?

『つなぎ構造』だから簡単に著替えられるんじゃなかったの?

いや……むしろ水流で衣裝がグチャグチャになるので、唯一の穴を見失いました……

わかる!?生地同士がくっついて剝がれないんですよね……

そう……あれキツいよね……

 

狹いあるあるを共有して仲良くなるな。

この寫真、初見の人には絶対に解き明かせないだろうな。

 

終始スライダーに翻弄され続けたマンスーンは、脫衣所で急に話しかけられたピエロのような有様に。

未だに攻略法の見つからないこの過酷な選手権。はたしてクリアできる人間は現れるのでしょうか?

 

 

3人目:原宿

さあ、選手権も後半戦。3人目の挑戦者は原宿

挑戦者の中では最年長かつ一児のパパでもあるため、ここは威厳を見せつけてほしいところです。

僕が著替える服は、こちらです!

 

「西洋の剣士」

西洋の剣士!?大丈夫なんですか!?

それはさすがにヤバいって!

えっ、どういうこと?

いやだってほら……

 

細かいパーツが多くない?!

僕なんて、最小限の服裝であの有様だったんですよ?

いやむしろ逆!この選手権……細かいパーツの方が勝てるはず!

 

何故ならこの選手権で恐れるべきは、暗さよりも『スライダー內の狹さ』な気がしてるんです。

確かに!ピエロの衣裝は大きくてスライダー內で広げにくかったです。

つまり、細かいパーツで構成された西洋の剣士こそ、狹いスライダー內の最適解ってこと!

意外とまともな分析だ!

 

というわけで、あえて細かいパーツの多い服裝で攻略を目指すことにした原宿。

スライダーの入口前では入念なセッティングも行われ……

 

最終的には「剣を體溫計みたいに脇に挾む」という形で準備完了。

プラスチックの剣とはいえ既に騎士道は皆無ですが、むしろ貪欲に勝利を目指す姿は美しくすらあります。

 

そして、その表情はまるで歴戦の剣士そのもの……これは期待していいのかもしれません。

 

はたして原宿は、早著替えを見事成功させることができるのでしょうか!?

 

 

 

 

?

 

……俺さ、剣士になって出口から飛び出して、その勢いでかっこよく水面を走りたいんだよね。

えー、それはさすがに無理じゃないですか?

いやいけるはず! 今日のためにイメトレしまくったから!

 

 

 

……俺、5歳の娘がいるんだけど、最近「カッコイイお父さんでありたい」って気持ちが強くなってきててさ。

じゃあ絶対成功させて、娘さんにいいとこ見せたいですね!

 

 

 

そもそも小さい頃から剣士に憧れてたのもあってさ。だから今日はマジでやるわ!

成功したら寫真撮って娘さんに送りましょうよ!

 

 

 

あっ!水著に挾めば小物をストックできるじゃん!これ絶対いけるって!

 

 

 

……あ! 來ますよ!!

どうだ!?!?

 

ボシャシャッ……

 

服だけ!?!?!?

どういうこと!?!?

 

あ、いや!まだ何か來る!!

原宿さん!?!?!?

 

あれっ!?

 

赤ちゃん!?

 

……服だけが流れ著いたかと思えば、次の瞬間には赤ちゃんが登場するという予想だにしない結果に會場は騒然。

スライダー內で何が起きたのかが気になりますが、そもそも挑戦者の原宿は無事なのでしょうか?

 

 

原宿さん!大丈夫ですか!?

 

「………」

 

「何も……できなかった……」

戦から逃げてきた新兵みたいなこと言ってる。

 

あとなんか、顔変わってない?

溫かいスープを飲んでほしい。

 

 

あれだけ剣士になるとか言っておいて、結局なれたのは『無課金アバター』かい。

本當に怖かったし、何も著れなかった……

そういえば、細かいパーツ作戦ってどうなったんですか?

細かいパーツ、スタートと同時に全部俺より早く流れて行っちゃって、最後まで追いつけなかったです。

かわいそ……

 

あと誰か、かぶとの湧き水を止める方法知ってます?

すみません、ちょっとわからないです。

 

……用意した作戦が完全に裏目に出てしまい、無課金アバターのような格好になってしまった原宿。

本人は「ゲームが上手い人こそ逆にこういうアバターを使う」と主張していましたが、だからと言って結果は変わりません。

 

 

4人目:永田

そして、最後の挑戦者は永田

慶応卒という明晰な頭脳を持つこの男は、未だに成功者がいないこの狀況を打破してくれるのでしょうか?

今回、僕が著替えるのはこの服です!

 

「サンタ&トナカイ」

あれ?サンタとトナカイって、2著あるけど?

……みなさん気付きませんでしたか? このウォータースライダーにはコースが2つあることに。

 

確かに2つのコースがある。

え、まさか服も2著あるってことは……

そう! 僕はこの2つのコースで、二人同時に著替える『ペア早著替え』をします!

何故そんなことを!?

 

前に心理學の本で読んだんだけど、人間には「誰かと一緒だと、より頑張れる」という性質があるらしいんです。

一人でダイエットするより、友達とした方が続けられる的なやつ?

確かに、友達が努力してる姿を見ると、自分も頑張りたくなりますね。

え?つまりそれって、マジで『友情パワー』が存在するってこと?

そう!僕は二人同時の早著替えをすることで、友情パワーを使って攻略を目指します!

 

だからトナカイARuFa!テメーにまかせたぜ!よろしくなっ!

これ、ただただ友情パワー発生裝置として利用されてるだけでは?

いっぱい発生させてくれよなっ!

 

……というわけで、心理學を応用した作戦で早著替えに挑む永田とARuFa。

確かに、最後の挑戦者が友情パワーでクリアを目指すのは激アツ展開ではあるので、期待したいところです。

 

二人でサンタとトナカイになって、子ども達に夢と希望をプレゼントしよう。

でもまあ、ここまで來たら友情パワーを信じるしかないんで、心を一つにして頑張りましょう!

よっしゃ! じゃあ行こう!

 

「スタート!」

息の合った掛け聲とともに、二人同時にスタートする両名。

……はたして、友情パワーだけで永田はサンタに、ARuFaはトナカイに著替えられるのでしょうか!?

 

 

 

 

Jingle bells? jingle bells? Jingle all the way??

※永田は何故か挑戦中に『ジングルベル』を超音波みたいな高音で歌っていた。

 

オエッ……オエーーーーーーーーーー!!!!!!

※ARuFaは2回目の挑戦なのでずっと酔っていた。

 

Jingle bells? jingle bells??

オエーーーーーーーー!!!!!

 

Jingle all the way??

オエエエエエエエエエ!!!!

Jingle bells?オエッ jingle bells? オエェェェ!!

 

Jingle?bellsオエッjingle bellsオエ゛Jingleオエーーッthe wayエ゛ッ? Jingleア゛ッbellsエ゛ーーッjingle bellsオエッーーーJingleオッオッtheオ゛エエwayエ゛ッ?

 

……あ!そろそろ來そうですよ!!

 

先に出てきたのはARuFaだ!

中でスピードに差がついてる!?

 

先にスライダーから排出されたのはARuFa

水しぶきでよく見えませんが、はたして彼は友情パワーでトナカイに著替えられているのでしょうか!?

 

 

あ!!!!!!!

 

 

鼻から大量の水が出て鼻炎のトナカイっぽくなってこそいますが、なんと完璧に著替えには成功したARuFa!

初めての成功者が現れ、會場からは「これが友情パワーの力!?」と少年漫畫みたいな歓聲が沸き起こりました。

 

……さあ! そうなってくると気になるのは、もう一方の永田(サンタ)

もし本當に友情パワーで著替えが成功するのならば、これはサンタの成功も十分に期待できます!

 

Jingle bells? jingle bells?

……あ!なんか歌が聞こえる! 來るぞ!!

 

頼む!!成功しててくれ!!

 

 

 

?

 

あれ、見間違いかな……なんかただただ普通のオッサンが通り過ぎた気がしたけど。

ねえ!僕たちのサンタさんはどこに行ったの!?

 

もしかして、あのこっちを睨みつけているオッサンがサンタさんなの? 誰か噓だと言って!

………

 

Jingle bells? jingle bells? Jingle all the way??

オエエエエエエッ

ヤバい!!こっちに來る!!!

 

 

 

 

パーーーーーン!!!!

ワイルド過ぎるって!!!

 

トナカイは成功したけど、もう一人はただの風呂上がりのオッサンじゃん。

……いやこれマジで難しいわ。普通できないってこんなん。

じゃあトナカイが成功したのは、やっぱり友情パワーのおかげ?!

いや、ただ単に2回挑戦したから上達しただけだと思います。

思ったより単純明快な理由だったな。

つまり友情パワーは存在しないです。

トナカイに友情パワーを否定されるサンタ、悲しすぎるだろ。

 

友情パワーを利用し、サンタに著替える予定だった永田……

しかしその結果は、相棒のトナカイだけが成功するという予想外の結末になってしまいました。

 

でも、2回目で成功ってのも凄くない?どうやって攻略したの?

1回目でコースの所要時間を把握したので、2回目は秒數を數えつつ、安定する姿勢を発見した後に、水流を逆に利用して著替えました。

頭おかしすぎる。

マジで極限狀態だったから、本能的に上達したのかも……

戦いの中で成長したってことか……

 

さあ、そんなわけで、今回の「ウォータースライダー早著替え選手権」の優勝者は……

 

トナカイに著替えたARuFaです!

偶然訪れた2回目の挑戦を無駄にせず、戦いの中で著替えスキルを上達させ、優勝をもぎとったARuFa。

1度目の失敗を糧にして成功を手にしたその姿は、『元ずぶ濡れリーマンの俺が、鼻炎のトナカイに転生した話』として映畫化されるべきでしょう。

 

優勝者のARuFaには、主催者である自分自身から手作りの特製トロフィーが授與されます。

また、唯一2回目の挑戦をした代償として、乗り物酔い身體の震えもしっかり授與されました。

 

いかがでしたでしょうか?

一見すると攻略不可能かと思われた今回の挑戦。しかし2度目の挑戦で成功することが判明し、図らずとも人の學習能力の高さを思い知る結果となりました。

今回の過酷な検証を通して、參加者の著替えスキルが上達したことは言うまでもありません。

 

みなさんも、自分の持つスキルを確認?上達させたい時には、あえて過酷な狀況下で挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

ただ、僕等はもうこりごりです。

 

 

それではさようなら。

 

 

 

さて、水に強い接著剤といえば……

さて、みなさんは水に強い瞬間接著剤『セメダイン3000 耐水?耐衝撃』をご存知でしょうか?

この接著剤は高い耐水?耐久性を兼ね備えており、まさに今回の選手権のように濡れる場所?過酷な場所にうってつけの商品なのです。

 

今回、選手権で使用したトロフィーや表彰臺も、この『セメダイン3000 耐水?耐衝撃』を使用して作ったもの。

細かい造形物を接著したり、重みのかかる物の補強に使用したりと用途は多岐にわたります。

 

高粘度で垂れにくいため扱いやすく、耐剝離性にも優れているため、工作好きな方には是非オススメです!

 

また、今なら発売記念キャンペーンも実施中!

興味のある方や、ウォータースライダーで早著替えをする予定のある方は、是非お買い求めくださいませ。

 


撮影協力:スパリゾートハワイアンズ